D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

暗黒!三国志完結。

 暗黒!三国志最終話、三国の志をアップしました。




 後、次からの更新についてです。



 いやはや、大変な作品でした。四十一話、原稿用紙換算六千枚超(といっても、ツールとかで図った訳ではありません。 拙者は40×50に設定した一太郎で書いているので、一枚当たり5枚と換算しています)というのは、拙者としても初挑戦の長さでありました。一年少しでこれを書き上げられたのは僥倖でした。


 書き上げて驚かされるのは、これでもまだ全然書く余地が残っていると言うことです。まだまだ書けなかった部分は多く、三国志という作品と、その時代の、懐の深さを感じてしまいます。未だに様々な独創的三国志作品が世には出回っていますが、それも当然だなと、書き上げて実感しました。
 史実をベースに、エンターテイメント色を出しながら書いた三国志。完結することが出来て、誇りに思います。
 いずれ、総括で後書きをしてみます。しばしお待ちください。









 さて、今後の更新について、ですが。

 いつものように、短編を幾つか挟んだ後に、次の長編に入ります。
 次は二次創作、「暗黒!エリーのアトリエ」となります。今回も、村人は弱者ではありません。

 とりあえず、執筆開始は二月半ばから後半くらいかと思います。
 此方に関してもしばしお待ちください。



 はあ。とりあえず、大変な作品でした。
 しばらくは短編で骨休めするとします。 
[PR]
by dwwyakata | 2011-01-26 19:57 | 更新報告! | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/14811541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 舞華 at 2011-01-28 11:53 x
完結お疲れ様でした~。
毎回楽しく読ませていただきました。
次回策も楽しみに待ってますね。
Commented by dwwyakata at 2011-01-28 21:38
 こんばんは。拙サイトの管理人D・W・Wです。
 このたびは温かいお言葉有難うございます。
 次の連載もがんばりますので、よろしくお願いいたします。
Commented by ぴえろ at 2011-01-31 02:11 x
 完結おめででとうございます。暗黒三国志、いつも楽しみにしておりました。三国志は有名どころの名前を知っているぐらいで、ライト層に属すると思われる自分(正確にはコーエーが出した真・三国無双2までの予備知識)でしたが、楽しめました。まさか、持ちキャラだった馬超が最後にあんな活躍するなんて……終盤になると、当然ながら自分の浅い予備知識ではカバーしきれない人物ばかりが登場していたので、何やら嬉しかったです。ちなみに典偉も持ちキャラだったので、持ちキャラの仇を持ちキャラが討ったような……何か因果律を感じる所。間違いなく錯覚ですがw

 お疲れ様でしたと一言お礼を申し上げて終わろうとしたら、次はエリーですか! これはテンションが上がりますね。暗黒マリーに影響されて、以前から興味があったアトリエシリーズに手をつけましたが、PSPのアーカイブスでダウンロードして遊んで、ひと月も経ってないのに! ……やっぱり、外宇宙の何かから因果律を操作され(ry

 エリーは戦闘力が残念な子ですが、D・W・Wさんにかかれば、凶悪な錬金術師になる……のでしょうか? マリー様は出演するのかな? 色々楽しみですw
Commented by dwwyakata at 2011-01-31 21:55
 こんばんは、はじめまして。拙サイトの管理人、D・W・Wです。
 とても拙作を楽しんでいただいたようで嬉しいです。どの人物にもそれぞれの人生があり、皆己の目的に向かって生きている。必ずしも英雄だけが、世界を動かしていくのではない。そんな様々な横糸と縦糸のつながりに苦労した作品でしたが、運命論的な観点からも楽しんでいただけたのは新鮮でした。貴重な感想有難うございます。

 次のエリーですが、これは何年か前から構想を練っていた作品です。二月中旬くらいから執筆を始めますので、二月半ばから後半にかけて一話をご披露できるかと思います。どんなエリーになるのかは、お楽しみに、というところです。

 このたびは有難うございました。またお待ちしております。

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧