D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 オールドゲーム二次創作シリーズの設定について。

 ご質問がありましたので、応えさせていただきます。
 以下ネタバレになりますので、閲覧は自己責任でお願いします。



 オールドゲーム二次創作シリーズには、敢えて「M」や「L」など、本来の名前を誤魔化している存在があります。
 ちょっと誰か特定しにくいというご意見がありますので、ヒントなどを。


・M
 この人は言うまでもなく、世界一有名な配管工です。

・L
 言うまでもなく、Mの弟のあの人です。二作目では差別化のため、ジャンプ力は強化されましたが、かわりにつるつる滑って扱いづらいキャラでした。

・N社
 MとLが所属している会社です。言うまでもなく、昔はトランプを作っていて、今ではWiiやDSを販売しているあの会社です。

・KA
 ピンクの丸いあの可愛らしいキャラクターです。アニメ化したこともあります。

・C社
 わからないと言うことで、これはちょっと意外でした。魔界村などを販売している、カプ○ンです。

・R
 可変型ロボットと言えば、多分決定版でしょう。C社の中でも最も有名なキャラクターの一人です。アメリカではメガマンと呼ばれています。他のロボットの能力を取り込んで、自分の力にするのが得意です。現在に至るまで、Mさん同様、様々なシリーズで主役を務めています。Xやゼロといった派生キャラも大勢います。

・W
 R君の宿敵と言えば、ドクターWです。初作ではマユゲを動かす動作が印象的で、リメイク版ではマユゲが動かないと言うことで落胆するファンもいたとか。様々なロボットを改造し、時には自分でメカにのって戦いもする武闘派です。

・S社
 これは、アトランチスの謎やいっきなどの販売元であるサンソフト社の事です。
 個性的な作品が多い会社でした。





 こんな所です。

 なお、オールドアクションゲームシリーズの主役でもあるスペランカーについても質問がありましたので、此方にも応えさせていただきます。
 結論から言うと、彼女は子供を産めません。
 呪いを受けた相手が相手であり、それによる色々な影響というのもあるのですが、「不老不死」という特性が、そもそも完全体に近い存在を示していて、故に子供を作る事と決定的に反しています。皮肉屋で邪悪な呪いの主の性質もありますし、それに関しては無理だと考えておいてください。




 以上です。
[PR]
by dwwyakata | 2011-02-15 21:20 | 日々雑感! | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/14919782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぐすたふ at 2011-02-16 00:19 x
早速の対応、ありがとうございます。
ガ!ガーン!
カ○コン忘れてました~!
ファミコンゲームとか懐かしい・・・。
昔、オレンジジュースをブチまけても乾燥後は動いてました。
ディスクシステムとかツインファミコンとかも持ってました。

dwwyakata 先生はどのような経緯で
旧作ゲームの小説化をめざしたのでしょうか?
なにせ、原作から10万%位加筆してますし
殆ど創作になりますから大変だったと思ったんですが・・・。
Commented by 麗夢 at 2011-02-16 05:52 x
おはよう?ございます。以前書き込んだ時の名前忘れましたが多分暗黒エリー希望した書き込み2度目の者です。

C社のRは今回読んでる途中で調べてみて漸く分かりましたがそれまでちと分からなかったです。可変型ロボって言うよりアタッチメント豊富とかそんな印象があったので…可変型=戦隊物のロボみたいなイメージで。Rシリーズの攻略本(ソフトでは無い/ぁ)も7(か6か…ライバル?ロボのf(でしたっけ、曖昧です/汗)が初登場したやつ)とXしかありませんしボンボンの漫画版も飛び飛びにしか読んでなかったので。
まあ最初何故か浮かんできたMダロットより遥かにメジャーなのは納得ですがw

それではこれからも楽しみに待ってます。
Commented by dwwyakata at 2011-02-16 12:15
>ぐすたふ殿
 コメント有難うございます。
 昔のゲーム機は頑強でしたね。それだけではなく、単純な中に多くの夢や挑戦が籠もっていたと思います。
 古い時代のゲームは、今のゲームに比べるとストーリーも短くグラフィックも稚拙です。しかしながら、黎明期だけあって、多くの夢と挑戦が詰まっていたと拙者は考えています。
 この時代のゲームは二次創作が殆ど無いこともあり、まさに宝石の原石がごろごろしているも同然です。その上、工夫次第で幾らでも自分の想像が入り込む余地がある。素晴らしいではないですか。
 難しい、簡単は問題ではなく、挑戦することが面白い。拙者が二次創作として手がけている理由は、其処にあるのです。

>麗夢どの
 コメント有難うございます。丁度夜勤帰りです(笑)

 Rについてのご意見は、確かにその通りだと思いました。姿が変わるのではなく、能力を追加することが多いので、アタッチメントというのは言い得て妙ですね。
 今後も、わかりにくい表現などは出来るだけ減らすように努力します。
 このたびはご指摘有難うございました。

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧