D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

斬撃のレギンレイヴ、レビューその2

 というわけで、Wiiのアクションゲーム斬撃のレギンレイヴ、レビューその2です。
 以下はmixiに掲載したものに、加筆修正した内容となります。



 中盤までのストーリーは、以下のような感触です。

 人間の世界に突如進行してきた巨神軍団、その数およそ百万!進撃を続ける巨神軍団と、それに抗う人間との戦いに介入した若き神フレイとフレイヤ。彼らの助力、そして映画「300」のスパルタ人並の身体能力もあり(例外無し。 一般人まで、巨神に巨大棍棒で吹っ飛ばされても簡単には死なない)、人間達は善戦するが、しかし何しろ数が圧倒的。徐々に追い詰められ、小群落が乱立する北の地の人間達はついに抵抗を放棄。必死に南に難民として逃れるのだった。
 しかし人間達を手強いと感じたか、巨神達は容赦のない戦略的布石を次々に打ってくる!南の大国に対する押さえとして、投入される切り札の数々!空を飛ぶ巨船ナグルファル、大地を揺らす巨獣アウズンブラ、そして巨神族の勇者フルングニル、大魔術師ファフナー!
 必死に抵抗するフレイとフレイヤ、そして人間達の手により、巨神達の進撃は一時食い止められ、巨神達も被害を増やしていく。そして人類最大国家であるブルグント国をおさめる賢王グンターの手により、大反抗の準備が整う!巨神軍を迎え撃つ大軍勢!
 今、南のユラン平原にて、巨神と人間達との一大決戦が開始された!


 という所です。
 戦記物としてみても結構立派な内容な上に、巨神どもの繰り出してくるクリーチャー軍団、兵器群の数々が、味方の絶望感をこれ以上もなく煽ってくれます。
 特に序盤終わりくらいから現れる巨神軍騎兵部隊は、なんと巨神を乗せられるくらいでかいサイに跨り、突撃で城壁をも粉砕するやばい奴ら!彼らをどう処理するかが、中盤の課題になるでしょう。大地を揺らしまくり、石造りの城壁を一撃粉砕するその姿は、最初愕然とさせられるはずです。
 また、序盤最後の山場となる「ユラン平原の大合戦」のマップでは、騎兵の能力をフル活用した巨神軍が、人間軍の戦術を撃砕して勝つべくして勝つシーンが丁寧かつ臨場感の溢れる実況で表現されています。このゲームの内容を一身に示している名マップといえるでしょう。味方も多く、気持ちよく戦えるマップです。此処を遊ぶだけでも、このゲームをやる価値はあるとも言えます。
 キャラクターは大体こんな感じ。
 
・アウズンブラ
 巨大な象。何と全長は七十メートルに達し、シロナガスクジラも真っ青。人間の抵抗に手を焼いた巨神軍が最初に投入してくる切り札。圧倒的な巨体を駆使して、人間達の砦を無惨に踏みにじっていく。
 圧倒的な巨体を利用した戦い方を見せてくる、このゲームの魅力を代表するような敵です。原典の北欧神話では牛。

・ナグルファル
 巨神軍が保有する宇宙戦艦(笑)。無数の巨神を中に乗せ、ビーム兵器を多数搭載し、合戦ではもちろん要所に投入されてくる。そのあまりにもあんまりな巨大さと、オーバーテクノロジーぶりで、こっちの希望を粉砕しまくってくださるお船です。何で魔法も無しで弓矢で戦う人間相手に、こんな未来兵器が投入されるんだよ(汗)
 原典の北欧神話ではとてもエコな動力で動いています。

・フルングニル
 頭が三つあり、命も三つあるという巨神族の勇者。でかい。そのくせすごく軽やかな動きをして、再生が異常に早く、頭を攻撃しないとダメージを与えられない上に、テレポート能力まで持つというとんでもない存在。両手に持った斧で、街を更地にしてくる強敵だ!得意技はバク転と、街のお掃除。
 しかしアホなので、フレイヤさんが放ったミサイルに自ら突っ込んできて手足爆砕、ダルマになったりするお茶目な所もある勇者なのだぞ!

・ファフナー
 巨人族の大魔術師。異界からサソリゴキブリ軍団をたくさん呼び寄せてフレイヤさんを嫌がらせ、自らは恐るべき魔術によって巨大なドラゴンに化身して戦うという危険なてきだ!しかしながらいつもドラゴンの格好をしているので、実は巨神ではなくただのドラゴンなのではないかという噂もある。羽が脆く、フレイヤさんの放ったミサイル攻撃によって羽とか尻尾とかをもぎ取られて地面に激突、泣く泣く逃げていくちょっと哀愁が漂う中間管理職。

・グンター王
 人間の最大国家であるブルグントをおさめる老いた賢王。最大国家の王ながら、非常に的確な判断力と、老いながらも優れた行動力で、人間側の反撃の旗手となります。
 彼が用意してくれる戦闘用の塔は、200人の兵士が動かし、巨神を頭上から一方的に攻撃できるという優れもので、数は300。これを主力に、巨神軍と立ち向かう。
 敵国であるゴートと休戦を纏め、巨神との決戦に主力をすぐ編成する手腕は見事。この世界の人間は、武勇だけでなく指導力も優秀です。惜しむらくは相手が悪すぎた点か(汗)

 だいたいこんな所です。
 次は中盤のレビューをしてみようと思います。
[PR]
by dwwyakata | 2011-07-21 21:06 | ゲーム万歳! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/15980850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧