D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マッピーランド二次創作、愛と狂気の円環をアップしました。

 オールドアクションゲーム二次創作、愛と狂気の円環をアップしました。

 ファミコンの古典的名作、マッピーランドの二次創作となります。



 はい、今回はマッピーランドです。

 マッピーシリーズと言えば、ナムコが発売した、鼠のお巡りさんを主人公としたゲームで、マッピーランドは二作目になります。
 主人公である鼠のお巡りさんマッピーが、猫の悪人ニャームコと、彼が率いる盗賊団ミューキーズと対決するという内容のこのシリーズ。一作目は特に様々な試みと、何より当時としては素晴らしい音楽(ゲーム音楽のハシリとさえ言われています)が使われたことなどからも、今でもシンプルながら評判が高い作品となっています。
 残念ながら、マッピーランド以降の続編は振るわなかったようですが、今でも根強いファンがいるシリーズとなっています。


・何故マッピーはXXXなのか
 作中で明かされる、マッピーの正体。
 これは、原作の更に原作、つまりマッピーというゲームが作られるきっかけとなったブツが関係しています。
 少し調べてみると分かると思いますので、是非調べてみてください。

・異星の邪神について
 今回は、某神話の某神格が、このシリーズとしては二度目の登場を果たします。前回は相手が悪かったこともあって瞬殺だったのですが、今回はそれにオチを付ける意味もあっての登場です。

・アイについて
 これは、作中の結論をどう読者の皆様がとらえるのか、作者としても大変に興味があります。
 感想をいただければ嬉しいです。



 だいたい以上です。
 さて、次は三千殺しの続きを書きます。頑張るぞ拙者。
[PR]
by dwwyakata | 2012-05-18 23:50 | 更新報告! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/18311449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reimu at 2012-06-09 01:14 x
博士には4週目までやる気はあったのか無かったのか…(愛の確認だけなら2週で十分だよなぁ…更に愛を深める3週目、親子愛に至る4週目は…親の愛もあんまり受けてないなら有り得るか?/うぃきでマッピーランド調べましたの意)

マッピーと言われるととあるネット上の別ゲーム(汝は人狼なりや系列?)が先に浮かんでしまう…(もうサイト毎消滅してるけど/気付いたら終わっててショックだった)

ハスターやニャル様を意のままに操るor協力させる事が出来ると本気で思ってるなら軍は愚かだと思う(知らぬ間に傀儡にされる当然のオチ希望です)

機械に心が―愛が持てないとか言う奴らは世のフィクション全般をありえないと馬鹿にして鼻で笑ってそれを現実に再現する気もその成果も見ようとしない自分が頭良いと思い込んでる馬鹿が大半だと思います(真顔)<アイについて
Commented by dwwyakata at 2012-06-10 20:30
 こんばんは。感想ありがとうございます。

 この作品はいつも同様実験的要素が多く含まれた作品でして、色々とメッセージ性が強くなっています。原作をベースにそれを汲むのは結構大変でした。それ故にシナリオの混乱や取り込めきれなかった部分もあり、個人的には課題になっています。
 4週目までについては、今後の計画については存在した、とだけ返答させていただきます。何しろ完璧主義者なので(故に思考の迷路に陥ってしまう人でもあった)、様々な愛を実現したいと考えていましたから。それが故に、狂気にまで達してしまった訳ですが。
 ネット上のゲームについては、よく分かりません。そういうものがあるのでしょうか。なるほど、留意しておきます。

 今後の展開については、まだ明かすことは出来ないのですが、魂斗羅二次創作の方がヒントになっているとだけ回答させていただきます。
 なお、愛についての考え方は、読者様に判断を一任いたします。この作品で、何か思っていただけるところがあれば、それだけで拙者としては満足です。


 感想ありがとうございました。
 またよろしくお願いいたします。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧