D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

作品解説。暗黒!トトリのアトリエ

 ほい、というわけでせっかくのGW。

 ラストですし、暗黒!トトリのアトリエの作品構成戦略について語ってみようかと思います。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~dww/watan_058.htm




 ※なお、作品のネタバレを盛大に含むので、暗黒!アーランドシリーズ(ロロナ、トトリ、メルル)を全部読んでから読むことを推奨します。




・テーマは道
 これは作品のタイトルページにも書いていますが、この作品のテーマは道。もしくは路です。

 そもそも原作のテーマが「旅」のこのゲーム。(そういえばアトリエシリーズ最新作のフィリスのアトリエでも、テーマは旅でした)実際にプレイしてみると分かるのですが、アトリエにいる時間よりも、外を歩き回っている時間の方が長いくらいで、冒険者ランクを上げる実績の中にも、何日外を歩き回ったのか、というのがあるくらいです。
 しかしながら、その旅というのは、どうやって行うのか。

 それには絶対必要なものがあります。

 そう、それは人間が通ることが出来る経路です。

 本作品では、アフターホロコースト(実は原作世界でも、文明が一度滅びてから旅の人なる謎の錬金術師によって復興された経緯が、アーランドシリーズの初代作であるロロナのアトリエ冒頭にて短く語られています)な世界観の中で、どうやって路を作っていくのか。

 そのためには何が必要なのか。

 それを主軸に、シナリオを書き進めていきました。



・主人公は歴代最弱
 暗黒!アトリエシリーズは、タイトルにわざわざ暗黒と書いている事からも分かると思いますが、原作に大幅な修正を加えている世界観となっております。

 その中でもこの暗黒!トトリのアトリエは、路を作るストーリーという事もあって、主人公の造形には随分悩みました。

 原作の可愛い可愛いトトリさんも大変に結構なのですが、個人的には過酷なミッションをクリアするために、数年がかりで国が育成した人材、という点も強調したかった。

 それは、文字通り人外の土地とかしている世界に、人間が安全に通ることが出来る路を作り上げる事がどれだけ大変かが、ちょっと考えてみなくてもすぐ分かるからです。

 そうして構成された主人公は。

 理解力に極ぶりされ、単純な戦闘能力に関しては歴代最弱というハンデ持ちになりました。

 これは路というものを作るためには、どうして此処に路が無いのか、どうすれば路を作る事が出来るのかを、理解する必要があるからです。

 ロロナ先生の、長嶋監督を思わせる感覚的な教え方をすんなり理解できるのも、それがトトリさんの強み。

 その代わり、戦闘能力そのものは大きなハンデとなっていて、周囲に支え続けられる主人公ともなりました。

 その一方で、もはやどう考えても無理なインポッシブルミッションを連続でこなすことになり。国家のバックアップもあって尻を叩かれながら無茶苦茶な高難易度ミッションを進めていく結果。

 生真面目な性格も禍して、歴代主人公に無いスピードで病んでいくことになります。



・どのようにして路を作るのか

 これがこの作品において、一番工夫した点でした。

 流れ込んでくる亜人類の難民達。人間と紛争を起こしている亜人類。巨大生物が闊歩し、日夜の温度差が100℃を超える砂漠。退路無き戦場。凄まじいナノマシンと放射能汚染の結果、もはや生物がまともな姿ではいられない魔境。錬金術の秘儀によって、世界からずれてしまった場所。巨大な海棲ドラゴンが住み着いてしまった結果、寸断された航路。単独で大陸を滅ぼす化け物「邪神」(正体は前文明の暴走AI)によって、国家さえ構成できなくなった大陸。そして何より、単純な軍事紛争地域。

 これらを解決しながら。

 人間が通れる路につなげていく。

 それが、この作品。暗黒!トトリのアトリエの肝となった部分です。

 他の暗黒!アーランドシリーズを読めば分かるのですが、トトリさんの時代はシリーズ通してのラスボスである最悪の錬金術師集団、一なる五人が最も大暴れしている時期。

 トトリさんには、国力を高めたアーランドが、有機的に他の国家と路をつなぐことにより、連合態勢を構築し、敵の大軍勢を撃退するための仕組みを作るという最大級のプロジェクトが裏側から化せられていました。これが作中で語られているプロジェクトの、トトリさんが行う主要部分です。このプロジェクトの成否には、一なる五人の狂気の計画に抵抗し、人類の滅亡から各国を守るための砦としての役割もありました。(この部分は、次回作の暗黒!メルルのアトリエにて、更に明確に描写されています)

 故にこのプロジェクトに関わっていたロロナさんも、必然的に自分の心と体を痛めながらもプロジェクトに邁進し、最高の人材であるトトリさんを見つけ出したわけです。

 最高の人材であるトトリさんは、最高の摩擦を浴びて錬磨され、精神を激しいスピードで病みながらも、知ると知らずと関わらず(途中からは、計画については大まかに理由を理解していましたが)、路を作っていったわけです。

 結果的にトトリさんは最終的に壊れてしまいましたが。

 彼女がいなければ人類が滅んでいたのは、暗黒!メルルのアトリエの状況を見れば確定。

 アーランドも必死だったわけで、それがシナリオの過酷さを更に後押ししている事になります。



・トトリさんの路

 絶望に満ちたラストをこの作品は迎えました。まあ原作通りにロロナ先生が幼児化して精神もおかしくなり、トトリさんも自分が感情を持っていたのが悪いと結論してしまった故に、完膚無きまでに壊れてしまったので、ラストは正直な話地獄だったかなとわしも思っております。

 しかし、これは路としては、通過点です。

 実際問題、トトリさんが作った路によって、人類はどうにか体勢を立て直し、一なる五人に対抗する戦力を整える事が出来ました。

 壊れてからもトトリさんは更に路を拡げ、一なる五人に対抗するべく、最大戦力の一人として活躍しました。
(完全に壊れたことによってリミッターが外れて、最強ランクの使い手に覚醒したのは皮肉としか言いようがありませんが)

 トトリさんが通った路は、この作品でラストではありません。

 次の作品、暗黒!メルルのアトリエにまで続いていき。其処で大きな結末を迎えることになります。

 その結末については賛否があるでしょうが。

 行方不明になった母親を探したいというモチベーションで、国家プロジェクトに巻き込まれ。絶望の中、地獄のようなミッションをこなしていったトトリさんが作り上げた路が。

 結果として、多くの命を救ったことは事実です。



・結論

 最終的な結論として、この作品は路でした。

 そしてそれは暗黒!メルルのアトリエに続いている事も意味しています。

 当然絶望的にもほどがあるラストには否定意見もあるでしょう。

 わし自身も、あまりにも過酷すぎるラストだなと自分で思った故に、即座に次の二次創作を、続編である暗黒!メルルのアトリエにしようと思ったくらいです。


 ただ、この作品は路を作る作品だった。

 それだけは覚えておいて欲しい所です。







 ざっとまとめてみました。

 色々と過酷な作品だったことはわしも理解しています。

 それでも、この作品を楽しんでくださった読者がいたことは忘れませんし。読者の方々に楽しんでいただけるよう、毎度筆を取っていたことも事実です。

 まとめはあまり得意ではないのですが。

 こんな感じで、暗黒!トトリのアトリエは執筆された。それが分かるのであれば、幸いです。

[PR]
by dwwyakata | 2017-05-07 17:15 | 暗黒後書伝説! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/26840070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧