D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

暗黒!マリーのアトリエ完結。

 暗黒!マリーのアトリエ完結しました。









 色々と感慨深い作品でした。BUSIN0で中断していることからも分かるように(ちなみに、BUSIN0の後書きはかなりしっちゃかめっちゃかになっているので、そのうち再構成して全部書き直す予定です。)どうも後書きというのは苦手なのでござるが、少し語ってみます。

 元々マリーのアトリエは、拙者が大学時代にお金を貯めて買った作品でした。一目見たときから、これは凄いと思って、発売日にゲットしましたなあ。当時はコンビニにゲームがたくさんおいてあって、発売日には簡単に手に入れることが出来ましたぞ。それで封を開けてみれば大当たり。自分に見る目があるのではなどと思いましたが、その後手を出す作品がことごとく大ヒットなどということはもちろん無く(笑)、たまたまの事だったらしいですな。あるいは、天啓は何度も来ないのかもしれませぬ。
 そして実にほぼ十年越しで、ついに着手したマリーのアトリエの本格的な長編二次創作。原作中でのデタラメを極めるマリーの戦闘能力や(レベル25を超えてからは、ほとんどの雑魚を瞬殺する必殺技を放つ上、騎士団長がカメに見えるほど速い)、能力者がゴロゴロ居る世界観などを忠実に再現しつつ、世界観に奥行きを持たせようなどと考えながら話を構築していった結果、こういう作品に仕上がりました。
 少し真面目な話をすると、拙者は弱者として扱われがちの村人のしたたかさや、天才という存在の影に潜む強大な闇をしっかりこの作品で書いていきたかった。思い入れ深いマリーのアトリエは、それに最適の作品だったのでござる。少しばかり黒い話が増えましたが、それでも作品に奥行きとある程度の現実味を持たせることが出来て、嬉しいですかな。

 最後に余談を。
 最後の最後にアイゼルが出てきますが、拙者の設定では、彼女はこの当時ちょっと頭の軽い素直な優しい女の子です。それがエリーのアトリエで攻撃性が強くなり、男に対する依存性も増えたのには、今回の、マリーとアデリーの戦いを至近で見た事によるトラウマが関係しています。恐怖心が相手に対する警戒心と攻撃性を強め、恐怖が男に対する依存を強めたわけですね。もっとも、エリーのアトリエをプレイしたことがある人は知っているでしょうが、一皮むけばアイゼルは思いやりのある優しい子です。エリーのアトリエを今後書くことがあれば、その辺りを丁寧に描写していくつもりです。
 エリーのアトリエを書くことがあっても、おそらくそれは数年後になるでしょう。その辺を描写するのは、今から楽しみだったりします。アイゼルはエリーのアトリエでも、エリーに次いで好きなキャラクターですので。
 それでは、長々と失礼しました。
[PR]
by dwwyakata | 2008-04-01 20:20 | 更新報告! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/8286837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧