D・W・Wの暗黒ブログ伝説


D・W・Wの館で公開した作品の後書きを主に綴った、暗黒ブログでござる! ツイッター開始しました。アカウント「dwwyakata」です。
by dwwyakata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

D・W・Wのゲームレビュー!ペルソナ4その3!

 というわけで、短期集中ペルソナ4レビュー。今回は全十回中の第三回となっております。

 色々と楽しい作品ですが、メンツがそろって事件が動き出すのが、この第三回のレビュー内容くらいから。作品の良さが出てくるのもこの辺りからで、皆で推理していく楽しみ、友情を深めていく面白さ、いずれもこたえられない作りとなっておりますぞ。

 では、D・W・Wのペルソナ4レビューその3!ジュネス!そして恐怖の銭湯!

*このレビューは、mixiに連載した内容に、加筆修正したものとなっております。



 さて、今日もレビュー行ってみますか!なお、以下にはネタバレを含むので、未プレイの方は注意してくだされ。















 前回までのあらすじ。
 邪悪学生サラリーマンである主人公率いる仲良し三人組は、「真夜中テレビ」にて、逆ナンによって自分専用のホストクラブを作ると超宣言をなされた親友天城雪子さんの目を力づくで覚まさせるため、テレビの中の世界に構築されたおとぎの城に突撃!巨大なトリに変身した雪子さんの心の影に、乾坤一擲の勝負を挑む!

 激しい戦いの末、巨大なトリに変身した雪子さんの影をどうにかぶち殺した主人公と仲良し軍団!「旅館つぐのヤダ」「男欲しい」「千枝は私の王子様」などなど、素敵な心の闇と向き合う勇気を得た雪子さんは、ペルソナ使いとして覚醒し、以降は仲間となって一緒に戦ってくれる事になったのだった!しかしこの心の闇の存在を認めたため、雪子さんは清楚なイメージから一変!笑い上戸で一撃必殺の料理を作る存在となり、旅館の跡取り問題でももめるようになり、親父ギャグに爆笑するなど、迷走の人生を送ることになるのだった!
 旅館の跡取りにもかかわらず、殺人料理の作り手!好きなのは親父ギャグで、ホストクラブを作るのが夢!ゴキゲンな仲間を加えたことで、仲良しグループは三人から四人に拡大!途中、なんだかよく分からないうちに目つきの悪いキツネ(♀)も仲間に加わる!そして立ち上げられる事件対策本部!うむ!探偵小説のノリだ!しかも!なんと、近所のスーパージュネスの一角で、堂々と行われる謎の会合!メンツは濃い奴らばかり!以前怪しい挙動からタイホされかけたというのに、全く懲りてねえー(絶叫)!案の定、警官である主人公のおじさんからはマークされまくり、以降はどうごまかすかで苦労することになるのだった!
 また、ペルソナを自在に切り替え、相手の弱点を好き勝手につけるという、この作品では最強きわまりない存在である主人公(他のメンツは、ペルソナを切り替えることが出来ない)は、ナビゲーターなクマ君から先生と呼ばれるようになる!クラスチェンジだ!これから主人公は邪悪学生サラリーマン先生と呼ぼう!
 さてさて、雪子姫の事件が片付くと、ゴールデンウィークに突入!警官であるおじさんが忙しいため、彼の娘であるいとこの菜々子さんはとてもさびしそうだ!何しろゴールデンウィークに遊びに行く予定(近所のスーパージュネスに)だったのに、それがつぶれてしまったからだ!警官は忙しい!だが、家族が支えなければならない!菜々子さんはまだ小学一年生で、孤独に晒すには気の毒すぎる!うむ!ここは主人公が一肌脱がねばなるまい!
 というわけで、仲良し軍団で菜々子さんをおじさんの代わりに連れて行ってあげることに!何処が良いか!菜々子嬢曰く!ジュネスが良い!ここで判明!この年(七歳)にて、菜々子嬢は、大のジュネスマニアだった!近所のスーパーを偏愛する小学一年生!将来のマニアックな予兆を感じさせるぞ!
 みんなでジュネスに連れて行ってあげる!安上がりだがとても幸せそうだからよしとしよう!
 さてさて、そうこうするうちに中間テストも終わり、有効な手も打てないうちに次の事件が!今までの事件から

・「真夜中テレビ」に写った人間が殺される。
・その場合、被害者はテレビに放り込まれる。
・雨が続いた日の翌日は霧が出て、それまでに助けないと、テレビに放り込まれた奴は死ぬ。(テレビの世界に住んでいる怪物が凶暴化するため)。クマ君の台詞より。
・テレビの世界には、誰かが閉じこめられるたびに、おもしろダンジョンが出来る。
・千枝さんのペルソナは腹筋が割れているが、目からはビームが出ない。

 等々の事が判明している!目を皿のようにして真夜中テレビを見張る仲良し軍団!そして、テレビにある男が写る!
 それは地元でも有名な不良だった!名は巽完二君!珍走団のヘッド(笑)だとか、珍走団を一人で粉砕したとか、楽しげな噂の流れる男だ!テレビに対してメンチを切る完二君を助けるために、おもしろ作戦を色々実行する仲良し軍団!まずは二人組でバカップルを装って近づく「バカップル大作戦」!実行!バカップルと認識はされたが失敗!続けてみんなで完二君をこっそりつける「尾行大作戦」!ここは完二君の幼なじみだという雪子さんが手伝ってくれるぞ!でも失敗!みんなでうろうろしたら怪しすぎるからだ!
 うむ!なかなか上手くいかないぞ!
 そうこうするうちに、謎の美少年が完二君の周囲をうろつき始める!怪しい奴め!(人のことは言えない)だが、結局有効打を探し得ぬうちに、真夜中テレビに恐ろしき映像が!






 それは!







 硬派の不良である完二君が!







 ふんどし一丁で!







 うっすら化粧して!





 ハッテン場(核爆)に突撃して、これから何をされるのか楽しみだとかのたまう光景だった!





 うあああああああああああああああああ。拙者は!何も見ていない!何も見ていないぞおおおお!




 当然翌日から完二君は行方不明に!テレビの中には、大浴場なる恐怖のダンジョンができあがっていた!気が進まないながらも、力づくで完二君の目を覚まさせるため、突撃する仲良し軍団!新しく加わった雪子さんは体が弱くて、敵の集中攻撃をもらうとあっという間に沈むので、注意が必要だ!
 そして最深部には、あまりな出来事に頭を抱える完二君と、ふんどし一丁の彼の心の影がいた!心の影によると、完二君は重度の女性恐怖症だったという!元々彼は編み物とかが大好きで、それを男らしくないと陰口をたたかれて、反発から今のような不良になっていたというのだ!だからこのような心の影が現れたという!うむ!極端から超極端に走っておる!女は「化ける」し「陰口をたたく」し「したたか」だから怖いのだと、影は大暴露大会を実施! だから男が良いのだとか!
 当然、硬派を気取る完二君は影を否定!(てか、肯定できたらすごすぎる気がする(汗))
 哄笑しながらふくれあがる影!

 そして、其処には「ナイスガイ」「タフガイ」なる筋肉男(HAHAHAと笑う)を従えた、恐怖のマッチョメンが立ちふさがっていたのであった!しかも武器は♂の記号!両手持ち!

 思考停止してはいかん!ここからが勝負だ!

 カエル、ムキムキお姉さん、トリ、邪悪サラリーマン先生が、恐怖の巨大マッチョメンに戦いを挑む! 流血の戦いというか流汗の戦いの、勝利の行方は!





 大体こんなところでござる。
 完二君の影は、能力強化をおともだち(笑)にやらせてから、強力な攻撃を連発してくると言う戦闘スタイル。ここはセオリー通り、おともだちから潰していきましょうぞ。無効化する攻撃属性がそれぞれ違っているので、戦闘では注意が必要ですが、丁寧に戦えば雪子姫ほど苦労はしないでしょう。
 次回は、街にアイドルが襲来する恐るべき展開!刮目して待て!
[PR]
by dwwyakata | 2008-10-20 00:10 | 更新報告! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dwwyakata.exblog.jp/tb/9719897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

あいつバトン その6
from るなぶろぐ。
気弱で優しい新世代の「自..
from つきかげの消息記
あいつバトン
from 言ノ葉食堂
あいつバトン3
from つぶやき

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

まとめブログ
創作小説・詩

画像一覧